“Mujo no Kaze” was “shot” on location with Japanese actors and acresses in Tokyo during the early part of January, 2007. The film is now in post-production and scheduled to be done in Fall 2007. “Mujo No Kaze” is a dramatic, short-film touching on suicide and depression with an over-all theme of hope.

「無常の風 」は2007年の一月上旬に東京で日本人役者を使って撮影された短編映画です。現在、映画は編集のプロセスに入り、2007年の五月に終了予定です。「無常の風」はドラマチックな短編映画で、「生と死(自殺等)」、「鬱病」、そして「希望」についての映画です。